海外現地情報
シンガポールの地域事情

シンガポールには、多くのグローバル企業が進出しており、アジアにおけるビジネスの中心地として、アジア地域のリージョナルヘッドクオーター(統括拠点)を置く企業が多いです。またアジア圏の中では給与水準が高く、英語力を活かして活躍できる機会も豊富である一方、高い英語スキルを求められる傾向があります。

リージョナルヘッドクオーター(統括拠点)での勤務となった場合は、シンガポールに限らず世界中の国とのやり取りが発生するため、その調整役として世界を股に掛けた責任ある業務を担えます。また、シンガポールにはさまざまな国籍の方が集まっており、日本とは異なる多様な文化に触れることが可能です。取引相手や、仕事を共にする同僚は、ビジネスにおいて強く自己主張する人が多いため、交渉力を高めることができます。

近年、シンガポール政府がフェア・コンシダレーションと呼ばれるシンガポール人の雇用を優先する制度を導入し始めたことから、現在では就労ビザの発給要件が厳しくなってきています。

就職情報

待遇・就業に必要な条件

給与の目安(1ヶ月)
営業 3,300〜6,000 シンガポール$
事務 3,000〜5,000 シンガポール$
カスタマーサービス 3,000〜4,500 シンガポール$
賞与・諸手当 賞与(年1回)。交通費、残業代は月給に含まれているのが一般的。
毎年12月に「AWS(Annual Wage Supplement)」という1ヶ月分の固定賞与と変動賞与0〜2ヶ月分がある場合が多い。
保険や医療費補助などは企業によって異なるため、入社前に確認する必要あり。
就労ビザ 外国人がシンガポールで働くには、就労許可証が必要。EP(エンプロイメントパス)、Spass(Sパス)、DP(ディペンデントパス)の3種類あり。
例)EPの取得要件:四年制大学卒業以上で2〜3年以上の実務経験。
  • 現地事情により変更になる場合があります。最新情報は、大使館などでご確認ください。
語学スキル 日本語および英語(ビジネスレベル)

日系企業の進出状況

代表的な業種・業界 メーカー、商社、金融、物流、ITなど
職場環境 中華系、インド系、マレー系、欧米人など、さまざまなバックグランウンドをもつ人々が働いている。ビジネスの公用語は英語。共働きが一般的なため、結婚・出産後も、仕事を続ける女性が多い。
地域 シンガポール島内全域に分散していますが、やはりシティエリア(ラッフルズプレイス、タンジョンパガ−、サンテックシティなど)に集中

生活環境

家賃相場(1ヶ月) 日本のようなワンルームマンションタイプの物件がないため、ルームシェアが一般的。
HDB(公団) 600〜1,000 シンガポール$
コンドミニアム 800〜 シンガポール$
  • ほとんどの場合は家具付(ガスコンロ、冷蔵庫、洗濯機、ベッド、クローゼット、ソファー、電子レンジなど)
生活費相場(1ヶ月) 平均合計 約 1000 シンガポール$
(内訳)
通信費 100 シンガポール$
光熱費 50 シンガポール$
交通費 100 シンガポール$
食費・交際費 700 シンガポール$
  • 昼食代の相場:5〜10 シンガポール$
雑費 50 シンガポール$
通勤事情 地下鉄(MRT)とバス網が整っている。
日本と比べると、タクシーも安価で利用しやすい。
国が小さいので通勤時間は1時間以内。

(※2016年2月現在のデータです)

対応会社: Intelligence Asia Pte. Ltd(インテリジェンスアジア)

日本国内のみならずアジア全域において日系法人企業様との強いつながりを持っており、求職者の皆様に対して日本語及び非日本語ポジション双方のご紹介が可能です。
シンガポールにおいては2014年6月よりテンプスタッフシンガポールとサービス統合を行い、求職者の皆様のキャリアアップを支援します。

会社名 Intelligence Asia Pte. Ltd (インテリジェンスアジア)
住所 8 Marina View, #11-01 Asia Square Tower 1, Singapore 018960
tel +65-6225-0900
fax +65-6536-2668
URL http://www.inteasia.com
お問い合わせ
  • 日本語でお問い合わせいただけます。
紹介対応エリア シンガポール全域
働き方 正社員、契約社員
紹介実績 【業界】メーカー、商社、金融、物流 など
【職種】秘書、総務、人事、経理、営業、貿易事務 など
登録方法 インテリジェンスアジアのホームページからオンライン登録ができます。